店舗物件のポイントとしては!その三つの要素とは

店舗物件のポイントとしては!その三つの要素とは

居抜き物件であること

何かと開業にはお金がかかることになります。これはどんな店舗でも同じことがいます。そこでお勧め出来るのが居抜き物件です。これは前に借りていた人が残していった物をそのまま使うことができる物件です。逆を言えば処分もこちらがすることになりますが、必要なものが沢山残っている場合は、それが経費節約に繋がることになります。何か物凄く拘ることが求められる店舗でもないのであれば、基本的にはかなりお勧め出来る物件といえます。

何を売るのかということ

店舗といっても、そこで物を売ることもありますし、展示オンリーである場合もあります。展示といっても、売ってくれといわれればそれは売るでしょうが、そこまで目的になっていないことはよくあります。まずは店舗の方向性を自覚するべきです。綺麗であり、見栄えがして、立地が良いことが必ずしも自分の求める店舗となるわけではないです。賃料の問題もありますから、バランスが大事であることをよく認識しておくのが重要となります。

電気ガス水道に関して

店舗物件では、電気ガス水道の大きさも重要になります。水道に関してもかなり大きな口径のものであったほうが何かと使い易いです。また、電気もアンペア数が高いほうが基本料金が高くなってしまうわけですが、ブレイカーが落ちることを気にしないで済みます。意外なほど重要な部分であり、まず下見をする時に電気とガスと水道はチェックが必要になるといっても過言ではないです。少しでも良い条件のところを選ぶことが肝心になります。

店舗物件は、リフォームをしなくても、最初から店舗としてオープンさせる事が出来ますので、とても便利な物件です。