楽器可物件を探す前に覚えておきたい3つのポイント

楽器可物件を探す前に覚えておきたい3つのポイント

地方で24時間演奏可能な物件は非常に少ない

生活スタイルによっては深夜に演奏したいとお考えになっている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、多くの場合演奏出来る時間は決められています。しっかり防音しているからといってやはり音は漏れてしまいますので、近隣の迷惑になってしまいます。そのため24時間演奏出来る賃貸物件というのは非常に限られています。特に地方の場合は深夜も演奏できる物件は圧倒的に数が少ない状況ですので、見つけた場合は早めに契約をするのがお勧めですね。

家賃は防音の具合によっても変わる

楽器可の物件というとやはりお家賃がかなり高いイメージがありますが、実際には防音のレベルによっても異なります。かなり音漏れを防げるような物件はそれだけ家賃も高くなる傾向にあります。一方、休日の日中に少し演奏したいという程度であればそこまで高い家賃の物件でなくても大丈夫です。逆にめいっぱい演奏もしたいし家賃もある程度余裕があるという場合はしっかりと防音対策がされている物件の方がトラブルにもなりにくくお勧めです。

楽器可物件が多いのはどんなエリア?

楽器可物件はやはり音大近くになるとかなり多くなります。24時間演奏可能という物件ではなくても、コンクールやテストの前になると近くにある深夜でも利用可能なスタジオを利用するという入居者の方が結構いらっしゃいます。地方で探す場合、ピアノ教室などの近くはわりと理解のある方が多いのであまり音の大きな楽器で無ければ許容してもらえるケースもあります。学生街にはアパートがたくさんありますが、音大で無い場合は逆に音に厳しいケースが多いので注意しましょう。

帯広の賃貸マンションは大変人気となっています。ペットを飼える部屋やロフト付きの部屋もあり、若い世代の人にも好評です。