どっちが良いのか?賃貸住宅とマイホームの比較

どっちが良いのか?賃貸住宅とマイホームの比較

賃貸住宅に住むメリットは?

マイホームを購入するか、賃貸住宅を借りて住むかで悩んでいる方もいるでしょう。そこで両者のメリットをそれぞれ紹介します。まず、賃貸住宅に住み続けることは、税金を払わなくても良いというメリットがあります。不動産を所有していれば、毎年固定資産税を支払わなければなりませんが、賃貸住宅は他人の財産です。そのため、支払う必要がないのです。また、引越しが容易にできるので、定期的に環境を変えられます。マイホームであれば、そういったことはできません。

マイホームの良い点は

マイホームのメリットは、家を自由に使えるという点にあるでしょう。賃貸住宅の場合、家主の承諾なく改装を行うと、契約を解除されてしまいます。しかし、マイホームは自分の家なので、好きに改築や模様替えをしても問題ありません。また、家自体が資産ですので、銀行からお金を借りる時に担保とすることができます。その他、ローンを返してしまえば費用は余計に掛からないので、退職後に収入が少なくなっても安心できるというメリットがあります。

自分に合わせて選択しよう

以上のように、賃貸住宅に住むこととマイホームを購入することには、それぞれにメリットとデメリットがあります。したがって、どちらをとるかは、完全に好みの問題です。ただし、それを決めるためには、長期的な計画を立てた上で決定してください。長期的に見るとどちらも大きなお金が動くので、いい加減に考えていると損をしてしまう場合があります。きちんと考えておけば、そのような心配はないと言って良いでしょう。また、どうしても決められないという方は、ライフプランナーなどの専門家に相談してみるのもおすすめです。

札幌の賃貸マンションは、仕事の都合などで転勤が多い人には最適な賃貸マンションとなっていて、急に転勤になっても、いつでも引っ越すことができます。