不動産の賃貸におけるビジネスの場合と住居の場合との違いとは?

不動産の賃貸におけるビジネスの場合と住居の場合との違いとは?

ビジネスでは当り前となっている賃貸不動産の利用

住居の場合以上に、ビジネスでは不動産の賃借ということがごく当り前に行われています。というよりも、全ての事業用物件を自前のもので賄っている、という場合の方がむしろ稀でしょう。このために、貸店舗や貸事務所(レンタルオフィス)といったものの件数は膨大な数に昇っており、不動産賃貸というものが、不動産の売却以上に大きな不動産市場を形成しているのです。貸店舗物件を借りて入居してビジネスを行っている賃借人のことを、テナントといいますが、まさにビジネスの世界にはこのテナントがひしめいているわけです。

マイナスをプラスに変えるために不動産を賃借する

同じように不動産を賃借するといっても、住居の場合とビジネスの場合とではだいぶ意味が異なっています。というのも、ビジネスの場合の賃借というのは、収益を生むための事業用物件を借りるためのものですが、住居である場合には、収益を上げることはなく、もっぱら消費する一方である生活するための賃借だからです。つまりビジネスのための賃借とはマイナスをプラスするためのものですが、生活のための賃借ではマイナスだけでプラスにはならないものだからです。

ビジネスのための不動産賃借とは先行投資である!

ビジネスにおける不動産の賃借とは、要するに事業のための先行投資なのです。すなわち、事業に必要となる機器を買い入れたり、必要となる人材を雇うための人件費、といったようなコストをかけるのと同じことなのです。事業用の賃貸物件を借りてビジネスを展開すれば、そのコスト負担よりも収益を上げることができると見積もった上で、不動産の賃料コストを負担するわけですから、あくまでもプラスを見込んでのマイナス支出であるわけなのですね。

札幌の賃貸マンションに暮らせば、通勤するためには駅が近くにあったり、防犯性にも優れていたりと快適に暮らすことができます。