賃貸住宅の契約で気をつけておくべきことは何か?

賃貸住宅の契約で気をつけておくべきことは何か?

契約条件をよく見ておこう

賃貸住宅を借りる場合には、大家さんと賃貸借契約を結びますよね。普段、特に意識せずに契約をしている方もいると思いますが、トラブルにならないように確認しておくべきです。例えば、敷金や礼金の額、更新するときにかかる費用は事前に知っておくべきでしょう。ついつい家賃のことばかりが気になってしまいますが、トータルでかかる費用を把握するためには知っておく必要があるのです。そうしておけば、後から意外な出費に驚くことはなくなります。

設備の修繕義務について

通常、特約がない限り、家主が設備の修繕義務を負います。これは、任意規定として民法に定められています。任意規定とは、当事者間で特段の合意がなければ適用される規定のことです。つまり、当事者間で特約を結べば、これとは異なる定めを置くことができます。そのため、契約条件を見て、この点につき確認しておいた方が良いでしょう。もし、借主が負担する決まりになっていれば、自分で修繕費用を負担しなければなりません。この点も、後から意外な出費に戸惑わないために、知っておくべきことです。

管理費用がかかる場合もある

集合住宅を賃貸する場合、管理費用がとられることが多いようです。そのため、この点も知っておきましょう。そして、どのくらいまでなら家賃を負担できるかを考える際にこれも含めて考えておくと、支払いが困難になるおそれはなくなります。この管理費用は、月ごとに支払う場合と、最初にまとめて払う場合があります。まとめて払う場合だと最初に負担する額が大きくなるので、一時的に出ていく金額が大きくなります。そのため、注意しておきましょう。

札幌市豊平区の賃貸マンションは、部屋を借りる形式となるので、引っ越したいときも好きなときに引っ越すことが可能です。