Monthly Archives: 3月 2016

賃貸住宅周りに何がある?物件を借りる際に調べよう!

お弁当屋さんを利用する!

賃貸住宅がどんな場所にあると良いかは人によりけり、決めつけることは出来ませんが、すぐそばにお弁当屋さんがあるという物件は魅力的ではないでしょうか。ひとり暮らしなら自分で作るお弁当より、手軽に買えるお弁当屋さんがあると何かと助かるはず!ひとり暮らしに関わらず、家族暮らしでも作る余裕や時間がない時に利用出来るお弁当屋さんがあると非常に助かります。賃貸住宅を選ぶ際には、賃貸周辺のお店を調べておくと良いでしょう。

コインランドリーも便利!

生活に必要なものとして電気製品は欠かせない製品です。台所には冷蔵庫や電子レンジ、トースターに電気ポットなどをおくのは当たり前でしょう。リビングルームにはテレビやDVDプレーヤーなどの娯楽電気製品も必ずあります。お風呂場や洗面所にある洗濯機なども絶対になければなりません。身に付ける衣服を清潔にするための洗濯機は、かなり重要な電気製品としてどの家庭でも必ず一台ありますが、洗濯機でも洗えないものがある時に、利用したいのがコインランドリーではないでしょうか。賃貸住宅近くにコインランドリーがある物件もまた便利なはずです。

100円で全てが揃う!

賃貸が決まれば、新しい家具やインテリアも買わなければなりません。出費を抑えたいなら100円ショップで買い揃える方法も有効です。家具や大型の電気製品は売っていませんが、小物を整理する収納ケースを初め、あらゆる生活用品が100円というお手頃価格で購入可能な100円ショップの利用価値は高いでしょう。引っ越し後だけではなく、普段から何かと利用価値のある雑貨屋さんが近くある物件は買い物するに便利!100円ショップは単体店舗とは限らず、スーパーや百貨店内にある場合もあります。賃貸住宅に住む際には、100円ショップなどの安く買えるお店が賃貸周辺あるかを把握しておくべきでしょう。

札幌市清田区の賃貸は、オートロックをはじめとしたセキュリティの整った物件が多いため、日常生活における安全の確保に役立ちます。


店舗物件のポイントとしては!その三つの要素とは

居抜き物件であること

何かと開業にはお金がかかることになります。これはどんな店舗でも同じことがいます。そこでお勧め出来るのが居抜き物件です。これは前に借りていた人が残していった物をそのまま使うことができる物件です。逆を言えば処分もこちらがすることになりますが、必要なものが沢山残っている場合は、それが経費節約に繋がることになります。何か物凄く拘ることが求められる店舗でもないのであれば、基本的にはかなりお勧め出来る物件といえます。

何を売るのかということ

店舗といっても、そこで物を売ることもありますし、展示オンリーである場合もあります。展示といっても、売ってくれといわれればそれは売るでしょうが、そこまで目的になっていないことはよくあります。まずは店舗の方向性を自覚するべきです。綺麗であり、見栄えがして、立地が良いことが必ずしも自分の求める店舗となるわけではないです。賃料の問題もありますから、バランスが大事であることをよく認識しておくのが重要となります。

電気ガス水道に関して

店舗物件では、電気ガス水道の大きさも重要になります。水道に関してもかなり大きな口径のものであったほうが何かと使い易いです。また、電気もアンペア数が高いほうが基本料金が高くなってしまうわけですが、ブレイカーが落ちることを気にしないで済みます。意外なほど重要な部分であり、まず下見をする時に電気とガスと水道はチェックが必要になるといっても過言ではないです。少しでも良い条件のところを選ぶことが肝心になります。

店舗物件は、リフォームをしなくても、最初から店舗としてオープンさせる事が出来ますので、とても便利な物件です。


楽器可物件を探す前に覚えておきたい3つのポイント

地方で24時間演奏可能な物件は非常に少ない

生活スタイルによっては深夜に演奏したいとお考えになっている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、多くの場合演奏出来る時間は決められています。しっかり防音しているからといってやはり音は漏れてしまいますので、近隣の迷惑になってしまいます。そのため24時間演奏出来る賃貸物件というのは非常に限られています。特に地方の場合は深夜も演奏できる物件は圧倒的に数が少ない状況ですので、見つけた場合は早めに契約をするのがお勧めですね。

家賃は防音の具合によっても変わる

楽器可の物件というとやはりお家賃がかなり高いイメージがありますが、実際には防音のレベルによっても異なります。かなり音漏れを防げるような物件はそれだけ家賃も高くなる傾向にあります。一方、休日の日中に少し演奏したいという程度であればそこまで高い家賃の物件でなくても大丈夫です。逆にめいっぱい演奏もしたいし家賃もある程度余裕があるという場合はしっかりと防音対策がされている物件の方がトラブルにもなりにくくお勧めです。

楽器可物件が多いのはどんなエリア?

楽器可物件はやはり音大近くになるとかなり多くなります。24時間演奏可能という物件ではなくても、コンクールやテストの前になると近くにある深夜でも利用可能なスタジオを利用するという入居者の方が結構いらっしゃいます。地方で探す場合、ピアノ教室などの近くはわりと理解のある方が多いのであまり音の大きな楽器で無ければ許容してもらえるケースもあります。学生街にはアパートがたくさんありますが、音大で無い場合は逆に音に厳しいケースが多いので注意しましょう。

帯広の賃貸マンションは大変人気となっています。ペットを飼える部屋やロフト付きの部屋もあり、若い世代の人にも好評です。